金子成人の時代小説『付添い屋・六平太[8]』などを読了

令和4年11月17日、次の二冊を読み終えた。

1.金子成人著/付添い屋・六平太 [8] 麒麟の巻 評判娘(小学館、2016年)

2.三浦澄子著/吾妻鏡の風景(文芸社、2004年)

〈感想、メモ〉

1.金子成人著/付添い屋・六平太 [8] 麒麟の巻 評判娘(小学館、2016年)

時代小説。主人公は相良道場の門弟、付き添い屋の六平太。

「著者紹介」によると、著者金子成人は「鬼平犯科帳」や「剣客商売」などの脚本を手掛けている。この付添い屋のシリーズで小説家としてのキャリアをスタートしている。1949年長崎県に生まれ。

2.三浦澄子著/吾妻鏡の風景(文芸社、2004年)

再読。今回は道元のエピソードなどが印象に残る。吾妻鏡に書かれていない事柄について興味が湧いた。

(敬称略)

(上の二冊はサピエ図書館の点字データで読みました。点訳ボランティアの皆様と関係者の方々に感謝申し上げます。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました