池波正太郎著『一本眉』などを読了

令和4年10月12日、以下の二冊を読み終えた。

1.ジュリア・キャメロン、エマ・ライブリー著、菅靖彦訳/いくつになっても、「ずっとやりたかったこと」をやりなさい。(サンマーク出版、2020年)

2.池波正太郎著/一本眉 新鬼平犯科帳(文藝春秋、1991年)

〈感想、メモ〉

1.ジュリア・キャメロン、エマ・ライブリー著、菅靖彦訳/いくつになっても、「ずっとやりたかったこと」をやりなさい。

著者ジュリア・キャメロンのベストセラー『ずっとやりたかったことを、やりなさい』に比べてより高い年齢層の読者に向けて書かれた本。

2.池波正太郎著/一本眉 新鬼平犯科帳

「熱海みやげの宝物」、「殺しの波紋」、「夜針の音松」、「墨つぼの孫八」、「春雪」、「一本眉」の6編を収録、。数年ぶりに再読。今回は「墨つぼの孫八」と「春雪」、「一本眉」を面白いと感じた。

(敬称略)

(上の二冊はいずれもサピエ図書館の点字データを使用しました。点訳ボランティアの皆様と関係者の方々に感謝申し上げます。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました