斎藤一人著『神様に上手に助けてもらう方法』などを読了

令和4年11月16日、次の二冊を読み終えた。

1.斎藤一人著/神様に上手に助けてもらう方法(PHP研究所、電子版製作2009年)

2.夢枕獏著/陰陽師 天鼓ノ巻(文藝春秋、2010年)

〈感想、メモ〉

1.斎藤一人著/神様に上手に助けてもらう方法(PHP研究所、電子版製作2009年)

天之御中主神に感謝を伝える言霊が紹介される本。再読。電子書籍をiPhoneのVoiceOverで聴いた。奥付によると、底本は2015年初版発行とのこと。

「「恐れ」(不安や心配)にジャマされると「確信」を持つことが難しい」というパートがある。ここでは「恐れ」の生物における根源的な意味が語られる。もともと意味のある「恐れ」だが、現代においてはそれが過剰な場合がある。その場合、それは克服されるべきであり、このパートに続く部分で克服について述べられる。

〈斎藤一人の著作を読んだ記録を含む記事〉

加藤常昭著『説教者カール・バルト』などを読了

半村良著『ガイア伝説』などを読了

栗本薫著『紅蓮の島』などの二冊を再読

『楽しんだ人だけが成功する』と『黒曜宮の陰謀』を再読

『気前よくの奇跡』、『運命の一日』の二冊を再読

雨木秀介著『弾正の蜘蛛』などを読了

2.夢枕獏著/陰陽師 天鼓ノ巻(文藝春秋、2010年)

安倍晴明と源博雅を主人公とした陰陽師シリーズの一冊。盲目の琵琶法師の蝉丸のエピソードが数話収録される。一言主に関するエピソードを興味深く読んだ。

(敬称略)

(『陰陽師 天鼓ノ巻』はサピエ図書館の点字データを用いました。点訳ボランティアの皆様と関係者の方々に感謝申し上げます。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました