北杜夫、斎藤由香著『パパは楽しい躁うつ病』読了

令和4年9月24日、以下の2冊を読み終えた。

1.佐藤愛子著/ああ面白かったと言って死にたい 佐藤愛子の箴言集(海竜社、2012年)

2.北杜夫、斎藤由香著/パパは楽しい躁うつ病(朝日新聞出版、2009年)

〈感想、メモ〉

1.佐藤愛子著/ああ面白かったと言って死にたい 佐藤愛子の箴言集(海竜社、2012年)

佐藤愛子の著作、『ああ面白かったと言って死にたい 佐藤愛子の箴言集』は副題の通り箴言集である。面白かった。『女の学校』、『男の学校』といったエッセイからのことばや、『男はたいへん』といった小説作品からの言葉などが収録される。「人生の宝」という文章の中に、松下幸之助との対談の思い出について書かれたところがある。まだ著者佐藤愛子が借金と戦っていた時期の対談であるらしい。会話からは一言だけの引用だったが、印象に残る。

また、健康法は「邪魔なばかり(本文中表現)」という考えが語られる「いかに上手に死を迎えるか」という文章も面白かった。

2.北杜夫、斎藤由香著/パパは楽しい躁うつ病(朝日新聞出版、2009年)

『パパは楽しい躁うつ病』は北杜夫と斎藤由香の親子での対談。北杜夫の躁病時、うつ病時の家庭の様子が語られる。

ごく短いものだが、埴谷雄高に関するエピソードがあり、興味深く読んだ。埴谷雄高も北杜夫も「先生」と呼ばれることを好まなかった、という話である。

〈関連記事 北杜夫による「真夜中のラーメン」が収録される赤瀬川源平ほか著『ずるずる、ラーメン』(河出書房新社)を読んだ記録を含む記事〉

赤瀬川源平ほか著『ずるずる、ラーメン』などを読了            

ほか、精神科医なだいなだのエピソードも面白く感じられた。

〈関連記事〉

なだいなだの著作『とりあえず今日を生き、明日もまた今日を生きよう Carpe diem』(青萠堂)を読んだ記録を含む記事

アン・ファディマン著、相原真理子訳『本の愉しみ、書棚の悩み』などを読了

なだいなだの談話が収録されたNHK教養番組編『男が語る人生これから』(アスキー・コミュニケーションズ)を読んだ記録を含む記事

NHK教養番組編、明石康ほか著『男が語る人生これから 「老い」をよりよく生きる14の話』などを読了

(敬称略)

(上の二冊はサピエ図書館の点字データを用いました。点訳ボランティアの皆様と関係者の方々に感謝申し上げます。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました