The Charlatansの「Tellin’ Stories」を聴いた

The Charlatansの1997年のアルバム、「Tellin’ Stories」を聴いた。彼らの5枚目のスタジオ・アルバムである。骨太のギターが印象的な聴きごたえのあるアルバム。ブログ執筆者の所有するCDの収録曲は以下の通り。

〈収録曲〉

1.With No Shoes

2.North Country Boy

3.Tellin’ Stories

4.One to Another

5.You’re a Big Girl Now

6.How Can You Leave Us

7.Area 51

8.How High

9.Only Teathin’

10.Get on It

11.Rob’s Theme

12.Two of Us

13.Reputation

〈感想、メモ〉

数年ぶりに聴いた。前回は“With No Shoes”、“One to Another”が印象に残ったのだが、今回は“Only Teathin’”、“Get on It”が特に心地よく感じられた。

〈参考ページ〉

Wikipedia Tellin’ Stories

コメント

タイトルとURLをコピーしました