青空文庫で永井荷風著『伝通院』などを聴く

2024年5月16日から翌日までの期間に次の青空文庫のファイルを聴き終えた。kindle版をiPhoneのVoiceOver機能で聴く。

1.永井荷風著/伝通院(『荷風随筆集(上)、岩波書店、1986年第1刷発行、2006年第27刷発行』)

2.南方熊楠著/毘沙門の名號に就いて(『南方熊楠全集第六巻 〔文集 Ⅱ〕』、乾元社、1952年発行)

3.鈴木大拙著/洪川禅師のことども(『禅堂生活』、岩波書店、2016年第1刷発行)

〈感想、メモ〉

1.永井荷風著/伝通院(『荷風随筆集(上)、岩波書店、1986年第1刷発行、2006年第27刷発行』)

伝通院の火災と再建など、小石川に関する思い出が綴られる。まだ江戸の生活様式を持つ人々についての記憶なども書かれており、興味深く読む。

〈関連記事 小石川が物語中に登場する小説を読んだ記録を含む記事〉

『失脚 3』(笹沢左保著、祥伝社)を読んだ記録を含む記事

J.K.ローリング著『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』などを読了

『ペトロ』(今野敏著、河出書房新社)を読んだ記録を含む記事

樋口毅宏著『大江千里と渡辺美里って結婚するんだとばかり思ってた』などを読了

2.南方熊楠著/毘沙門の名號に就いて(『南方熊楠全集第六巻 〔文集 Ⅱ〕』、乾元社、1952年発行)

毘沙門天のクベラ、クピラという異名について、それがインドの一神を指すということが述べられた短い文章。

〈関連記事 毘沙門天の前身についての記述のある『「天使」と「悪魔」がよくわかる本』(吉永進一監修、造事務所編著、PHP研究所)を読んだ記録を含む記事〉

宮城谷昌光著『太公望 上巻』などを読了 | 聴覚と触覚で文化に親しむブログ

3.鈴木大拙著/洪川禅師のことども(『禅堂生活』、岩波書店、2016年第1刷発行)

鎌倉円覚寺の今北洪川について書かれた文章。今北洪川がもともと儒家出会ったということが印象に残る。

〈関連記事 洪川老子についての記述のある『鹿山庵居』(鈴木大拙著)を読んだ記録を含む記事〉

青空文庫で幸田露伴著『観画談』などを聴く

(以上、敬称略)

(青空文庫のファイルを制作された方々に感謝申し上げます。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました