赤川次郎の短編小説集『鼠、滝に打たれる』などを読了

令和4年11月10日、次の二冊を読み終えた。

1.赤川次郎著/鼠、滝に打たれる(KADOKAWA、2014年)

2.天音美里著/雨のち、シュークリーム(小学館、2020年)

〈感想、メモ〉

1.赤川次郎著/鼠、滝に打たれる(KADOKAWA、2014年)

時代小説、シリーズ第8作に当たる。短編集であり、6話が収録される。主人公は鼠小僧次郎吉、その妹の小袖、女医千草。

2.天音美里著/雨のち、シュークリーム(小学館、2020年)

調理部に所属する男子高校生とその小学生の弟を中心に描かれた小説。短編の4話が収録される。

(敬称略)

(上の二冊はサピエ図書館の点字データで読みました。点訳ボランティアの皆様と関係者の方々に感謝申し上げます。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました