竹村亜希子、都築佳つ良著『こどものための易経』などを読了

令和4年10月6日、以下の3冊を読み終えた。

1.松本敬子著/時空を越えた恋 易経ロマンス(健友社、2000年)

2.竹村亜希子、都築佳つ良著/こどものための易経 自分のことが好きになる(致知出版社、2018年)

3.馳星周著/光あれ(文藝春秋、2011年)

〈メモ〉

1.松本敬子著/時空を越えた恋 易経ロマンス(健友社、2000年)

『時空を越えた恋 易経ロマンス』は易経が一つの柱となっている現代小説。主人公の女性は易で占いをすることができる。主人公は自らのことや彼女を訪れる人のことを占う。「水火既済」、「火地晋」などの卦が作中に登場し、その経過が描かれる。

2.竹村亜希子、都築佳つ良著/こどものための易経 自分のことが好きになる(致知出版社、2018年)

『こどものための易経 自分のことが好きになる』は子供向けに書かれた易経の解説書。「潜龍」、「亢龍」、「鼎」といった言葉を含む文章が解説される。

第二章で水雷屯、坎為水の中の言葉が紹介されているのが印象的だった。

3.馳星周著/光あれ(文藝春秋、2011年)

『光あれ』は敦賀を舞台にした現代小説。立石岬、若狭湾、敦賀半島といった場所を背景に物語は進行する。

〈関連記事 馳星周によるラーメンに関する文章が収められる赤瀬川源平ほか著『ずるずる、ラーメン』(河出書房新社)を読んだ記録を含む記事〉

赤瀬川源平ほか著『ずるずる、ラーメン』などを読了

(敬称略)

(上の三冊はサピエ図書館の点字データで読みました。点訳ボランティアの皆様と関係者の方々に感謝申し上げます。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました