山口洋子著『ひやりとする軽井沢』と藤井邦夫著『祝い酒』を読了

令和5年1月22日、次の二冊を読み終えた。

1.山口洋子著/ひやりとする軽井沢(文藝春秋、2002年)

2.藤井邦夫著/祝い酒(二見書房、2007年)

〈感想、メモ〉

1.山口洋子著/ひやりとする軽井沢(文藝春秋、2002年)

軽井沢を舞台にした短編6作が収録される。

作詞家の女性の視点で描かれた「黒の残響」には、キャリアの長いロックミュージシャンが登場する。そのミュージシャンの野外コンサートのシーンが面白く感じられた。

著者山口洋子(1937~2014(参考ページ1))は、担当編集者によると、「夏になると軽井沢へ避暑(参考ページ2)」に行くことで有名だとのことである。

2.藤井邦夫著/祝い酒(二見書房、2007年)

時代小説。「柳橋の弥平次捕物噺」のシリーズ第2作。一話完結の短編が四作品収められる。弥平次のほか、南町奉行所与力の秋山久蔵、北町奉行所の同心である白縫半兵衛らも登場する。(参考ページ3)

著者の藤井邦夫(1946~)は北海道の旭川の生まれ。

〈参考ページ〉

収録作品のタイトルや登場人物の名前の漢字表記などは以下のページを参考にさせていただきました。

1.ウィキペディア 山口洋子

2.文藝春秋BOOKSのページ

3.二見書房のページ

(敬称略)

(上の二冊はサピエ図書館の点字データで読みました。点訳ボランティアの皆様と関係者の方々に感謝申し上げます。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました