今野敏著『海に消えた神々』などを読了

今野敏著『海に消えた神々』などを読了

令和4年11月28日、次の二冊を読み終えた。

1.江戸川乱歩著/緑衣の鬼(東京創元社、1996年)

2.今野敏著/海に消えた神々(双葉社、2002年)

〈感想、メモ〉

1.江戸川乱歩著/緑衣の鬼(東京創元社、1996年)

推理小説。イーデン・フィルポッツの『赤毛のレドメイン家』の翻案作品とのこと。

2.今野敏著/海に消えた神々(双葉社、2002年)

推理小説。主人公の探偵石神は高名な地質学者の不審な死について調査を依頼される。舞台は沖縄。

与那国にダイビング・ショップを開いている人物が、新川鼻と呼ばれるあたりの沖合に潜る場面から物語が始まる。

(敬称略)

(上の二冊はサピエ図書館の点字データで読みました。『緑衣の鬼』は高知点字図書館の制作、『海に消えた神々』は盲人情報センターの政策のものを用いました。点訳ボランティアの皆様と関係者の方々に感謝申し上げます。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました