『至誠』と『紅の密使』を再読

2022年10月31日、次の二冊を再読した。

1.酒井照空著/至誠 周公旦の人間像(文芸社、1999年)

2.栗本薫著/グイン・サーガ第12巻 紅の密使(早川書房、1982年)

〈感想、メモ〉

1.酒井照空著/至誠 周公旦の人間像(文芸社、1999年)

今回は紂王と妲己が描かれる部分が印象的だった。諸説あるようだが、この著作では妲己が悪女であるとの立場がとられている。妲己の登場以後、政治が乱れ、税は上昇し民が圧迫されることとなったとの認識が示される。

2.栗本薫著/グイン・サーガ第12巻 紅の密使(早川書房、1982年)

前半では沿海州のリーダーたちによる会議の様子が描かれる。会議はアグラーヤの首都ヴァーレンで行われる。

この第12巻の登場人物はカメロン、イシュトヴァーン、アンダヌス、リンダ、レムスほか。

〈関連記事 グイン・サーガのアンダヌスが登場する巻を読んだ記録を含む記事〉

宵野ゆめによる外伝『宿命の宝冠』(早川書房)を読んだ記録を含む記事

ジム・ステンゲル著『本当のブランド理念について語ろう』などを読了

五代ゆうによる本伝146巻『雲雀とイリス』(早川書房)を読んだ記録を含む記事

市村洋文著『1億稼ぐ人の「超」メモ術』などを読了

(敬称略)

(上の二冊はサピエ図書館の点字データで読みました。点訳ボランティアの皆様と関係者の方々に感謝申し上げます。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました